自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PLUS 作例 第2号 tyuuki さん
2007年01月15日 (月) | 編集 |
tyuuki さん PLUS

まるで既製品のような仕上がりがすばらしい作例です!

PPP Plus完成しました。

抵抗類は巻線がR2B、基本がHolco&PRP、初段カソードのみVishay VTA-55

0.47uFがロシア製のテフロンフィルム、0.22uFがVishay(ERO)MKT-1813

出力トランスがHAMMOND-63280

RCAはVampireの銅削りだし

SPポストはCARDAS CPBP-CRS Short(変わった形なので使ってみたかった)。

IECはfurutechのロジウムメッキ半田付けタイプ。

内部信号線はWEのエネメル&綿糸被覆銅線(無メッキ)

後はテフロン被覆金メッキOFCとトランスの線の余り。

メインスイッチは、若松で見つけたサーキットプロテクタ兼用のもの。

パーツ選択がすばらしい!
テフロン・フィルムがスゴイ! 線材,サーキットプロテクターといった細かいところまでぬかりなくチョイスされていてすべてにコンセプトを感じます!


ケースはHENの80mmです。とはいえ、狭くて最終組み立てがちょっと大変でした。

HENの作例だ! タイトだけれどオーダーメイドのボックス?と感じるくらいピッタリですよね!

あと、内部容積に余裕がないので、大型のフィルムコンへの換装はきびしそうです。

テフロンフィルムは結構あたりの気がします。

ただ、エージングに時間ががかかりそうな気がしますので暫定的な音質評価です。

Holcoの抵抗は結構良いですね。Daleより好みかもしれません。

PPP Plus音的にはバランスが自然。

ハモンドの音かなと思います。これは捨てがたい!

ヴォーカル系が自然でいい感じです。音の鮮度も高い感じです。

少し硬質な感じがしますが、テフロンフィルムの特徴かな?

やわらかさを求めるなら、スプラグのVitaQあたりのほうがいいかもしれません。

初段カソード3.9kをモルガナイト、A&Bあたりに換えるのも良いかも知れません。

PPPと比べて出力が上がっているせいか、低能率SP使用時でも打楽器系とギターなどが丸まってしまう感触もだいぶ少なくなっています。

P.P.Pのウイークポイントもしっかり・・・汗

エージングが進んでくると、低域の解像度が甘めだったのが締まってきました。

出力トランスのバーンインが進んでいるのかもしれません。

現状でもヴォーカルを聞く限りでは、うちのアンプで一番いいかもしれません。

特に女性ヴォーカルの柔らかさは逸品です。

フルオケだと、メインのアンプ(Lyra Amphion Power)のほうがスケール感はあります。

これは出力上仕方ないかも。

あとは、電源ケーブルの違いに敏感なような気がします。

音質についてのお褒めの言葉ありがとうございます!

フルスイングにすると、パーツによる音質の変化がセンシティブになりますね!


それにしても年末にはほぼ完成していた、とのことです よくぞ短期間でケーシングまで・・・スゴイ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
6N3P-DR 期待できそうですね! 今度買って試してみようかなぁ・・・ tyuukiさんは、レイセオンの5670と比べるとどっちが好みですか?
2007/02/10(Sat) 20:46 | URL  | LUCY #-[ 編集]
6N3P-DR
5670をWE369Aとロシアの6N3P-DRに換えて見ました。WEは5670より解像度は高くも、中域が厚く直裁に切れ込む音。よい意味でドンシャリ。ジャズヴォーカルとかロックには合う感じ。
逆にロシア玉は広い空間に音がふわっと広がる感じです。クラッシックにはこちらが合っているようです。
2007/02/10(Sat) 18:18 | URL  | tyuuki #-[ 編集]
書き忘れました。
セレンで100k巻線使用時に244~245Vです。
2007/01/31(Wed) 17:28 | URL  | tyuuki #-[ 編集]
そうですね! 音質ががらっと変わりますよね! でも、一応電圧は計ってくださいね!
2007/01/30(Tue) 06:40 | URL  | LUCY #-[ 編集]
くましろさんの記事を参考に手持ちの抵抗で220k→200k→100kと変更してみました。
音に張りが出て、高音部チャイムの音など現実感が増しています。電圧調整は重要みたいですね。
2007/01/29(Mon) 22:29 | URL  | tyuuki #-[ 編集]
0.22uF部もMKT-1813からロシア製テフロンフィルムに換えてみました。0.22が入手できなかったので0.1uFをパラって0.2uFにしています。弦を弾く音とかドラム類のパルス的な部分の再現がよくなったようです。
2007/01/20(Sat) 11:54 | URL  | tyuuki #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。