自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P.P.Pの回路について  その2
2005年11月06日 (日) | 編集 |
 初段の設計、これはまいった。やられた。
 「動作例」として発表されているのは、プレート150V,カソード抵抗240Ωで8.2mA,・・・・となっている。あたりまえだが「動作例」は、ツボを押さえたポイントとなっているらしく、試すと音も張りがあってすばらしい、ということを経験的に知っているのでこの値で音出しをした。

 「うわっ!なんだこれ!重くて鈍すぎる!WE396A(これでやっていた)ってダメダマか?めまいがしそうな音だ!」となった。やっと組み上げたあげくこの始末、どっと疲れが出ていじけて寝る。(シャレにならない)

 起きて考え込んだ、「やっと組んだのにここで回路変更して、タマを換えるとなるとかなりの作業量だ!このタマでなんとかならないか?」

 結論、「どう考えてもMT管でも小さい部類に入るWE396Aに8.2mA!それにこんな小さなプレートには流しすぎだ!もっと減らさないとダメだ!」

 そこで、抵抗値を変えて音を聴きながらテストをした。ボリュームは基本的に嫌いなので1回1回抵抗を取り換え、同じ曲の同じところを聴いてみる。ほとんど1日24時間くらいかけてやっていた。(スタートが240Ωと低いため)

 それで、3.9K=約1mA→バイアス約4V(プレート電圧は150Vに決めうち)という結論を得た。

 それにしても、「動作例」でも「ちょっと違うものがある」ことを知ったのは良い経験になった。
 そういう目で見てみると、91型で有名なWE310A(B)の動作例もぶっ飛んだ。コレにも5.5mAも流すことになってる!これ間違っても試す気にもならないが、聴いたら絶対寝込んじゃうだろうなぁ・・・。だって、このタマ2mA位までにしとかないと音がにぶくなってくる。実際に考えればプレート抵抗を100Kとしても、5.5mA流すとワッテージは実効で5.5W!これに余裕を加え2倍にまけても10W級そんな抵抗まずない・・・(ラボでテストしているときは環境・装置・測定方法が違います)

 ただし、これはあくまでも「オーディオ(帯域)の音」についての話である。class A amplifier(A級)と書かれていても、必ずしもオーディオ(帯域)用途ではなく異なる用途のための「(A級)動作例」である可能性も高い、ということをつけ加えておきたい。

 それにしても、1人で延々と同じ曲の同じところを聴いているのは、他人から見れば「おそろしく不気味な行為」だろうなぁ(笑)


         つづく(位相反転段について)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。