自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜこの実験基板を作ったのか?
2005年11月04日 (金) | 編集 |
製作関係・部品といった方向に内容が振れていたので、ここでこの実験基板を作るときのコンセプトをお知らせいたします。こんな風に考えて回路定数もできるだけ同じ値を使うように工夫しました。

 みなさんが、「おもしろい」と思えなければ、単なる自己満足にすぎない。「作りやすく、コンパクトで、音もイイ、プラス こだわれるもの」でなければ、おもしろいと思われないでしょう。
 こんなアンプはメーカーからキット化されることはないだろうし、グレードアップパーツとしてもウエスタンがある。パラレル・プッシュ・プルおまけにセルフ・バイアスという複雑さでありながら作りやすい。リップルフィルターも試せる。これだけの多くの要素を盛り込めばオリジナリティーあふれるものになると考えました。

 また、じんそんさんの卓越したCADテクニックのおかげで、コンパクトな193×150程度の大きさに仕上げることができました。

 明日は、回路について触れたいと思います。(リクエストをいただきましたので・・・)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。