自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
う~ん、やっぱね~ カーアンプ6
2006年08月30日 (水) | 編集 |
 前回のブログで、50V/2,200μF(16φ)のニチコンKMGを買ってきたのはお伝えした。今日はここからスタートである。

 4,700μFへ4つ交換をしたときに、16φギリギリに配置されていて、マージンが全くなく“皮膜分の厚み”を考慮してない、ことに気づいた。

 つまり、だいたい、16φのコンデンサーにプラスチックの皮膜をかぶせたら、16.5φくらいになる。

 この0.5φの余裕がないシルク印刷とパターンなのだ。

 なので、4つ交換したときには、結束バンドで思いっきり締め上げてなんとか取り付けをクリアした。
4700uf 1

 これを片側5つの2列の配置で50V/2,200μF(16φ)のKMGで勝負しようとしたら、2つのときは何とかなったが、5つはもうムリ縛ろうが、曲げようが言うことを聞かない。

 あげく、すべての皮膜を取っ払ってまで何とかしようとしたが徒労に終わった。(トホホ・・・である、あ~あ、かっこわるいコンデンサー10個も作っちまったぃ!やらなきゃ良かった・・・)

 んでもって、どう対処したか?というと、仕方なしに3つは2、200μFを使い、その間の2つはそれよりφの小さい50V/1,000μFを2つずつを配置する、という方法を用いた。
2200uf 1

 50V/1,000μFを計4つ買い足すハメになった。(ルックスを考えて、6個2,200μFも買い直した。愚かである。)

 こうすれば、同じもの5個2列は並ばないにしても、“大・小・大・小・大”と並べることができる。

 同じ容量で揃えられないのがなんとも残念だが、仕方ない。

 そして、トップの皮膜をカットしてなんとか収めることができた。

 上の写真がどちらもピンボケなのは、トップのクリアパネルを装着した後に写真を撮ったから。

 見た目は隙間(クリアランス)がありそうだが、完璧にクリアパネルにコンデンサーはくっついている・・・苦笑

 まあ、ルックスもそこそこグッドでしょ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。