自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ん・ん・・・入力コンデンサー カーアンプ 3
2006年08月24日 (木) | 編集 |
 なんと、すべてのコンデンサーは85℃の製品だ!

 カーオーディオには・・・だが、聴き比べると105℃品より、85℃品の方が良い音に聞こえてしまうんだが・・・
入力のC 1

 入力部を見ると、50V/2.2μFのケミコンが使われている。

 「なんでかな?」これも納得いかない。(コストダウン?それとも・・・)

 もしかすると、カーアンプはボリュームの“ガリオーム防止”のために、2.2μFなんて入れるのがセオリーなのかな?(無知です!この領域)

 時程数があるので暴論は避けるけど、ケミコンの2.2μFを入れるなら、0.1μFのフィルムコンでもコスト的に大きく変わらないだろうし、ライフ的にも優れるフィルムコンをあえて使わない理由が思いつかないなぁ・・・

 「このケミコンで音作りをしている」と考えるのがもっとも妥当な推論だが、「音作りをする人間がここにケミコンを選択する!」などとは思えない・・・

 少々脱線するが、ヨーロッパ系のタマのアンプはここに2.2μFを一般的に入れる。これに対し、アメリカ系は、0.1μFとかが一般的だ。

 話を元に戻して、ホントは、0.1μFでもいいんだろうけど、面倒だから(回路とか、時程数とかチェックしたくないので)ここは深く考えずそのままの値でフィルムに変更。(少なくともケミコンからフィルムへの変化で音質は激変するので・・・)

 捜してみて、ここはシヅキのクリームイエローでは値がなく、代替として大きさも手頃なEROのMKTのグリーンのモノになるだろう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いやいや、メーカーも有極性を使うことはありますよ。
マランツの高級プリでも使ってたみたい。耐圧が充分高ければ使えるみたいですよ。
もちろんDC電圧掛かってない場合ですが・・。
2006/08/26(Sat) 09:07 | URL  | R. #afXvPe0k[ 編集]
 Rさん、ありがとうございます!

 そうなんですか・・・(ヤバイ、知らなかった)
 それにしても、メーカー製でも入力部とかカップリングにケミコンを使うんですか・・・
 でも、無極性ですよね、こっちは思いっきり有極性で85℃品でした。
2006/08/26(Sat) 01:45 | URL  | LUCY #-[ 編集]
ちょっと回路が不明なので、適切なコメントできませんが、半導体アンプの初段がFETでないとアンプ入力インピーダンスは結構低くなります。フォルムコンでは必要容量が大きすぎて使いにくい場合があり、かなり高級なメーカーアンプでもカップリングに電解コンを普通に使ってたりします。
小容量のフィルムをパラって音質はチューンしているみたいですけど。
2006/08/24(Thu) 23:04 | URL  | R. #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。