自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3rd Stage ファイナル 究極改造「オール・フィルム」(ケミコンレス) 5
2006年05月25日 (木) | 編集 |
 さて、「オールフィルム」再開である。

 今日は、「理由の2」からだ。

 それまでの経緯は、5/19のブログを見てみていただきたい!

 2 初体験

 それは、自分が経験したことがない音なので評価できないこと。

 これでは抽象的だ。

 もう少し具体的に言うと、「オールフィルム」のアンプを聴いたことがある人の方がレアである。(超高額な市販のアンプには存在するが・・・)

 つまり、「オールフィルム」の“音の出方”を知らないのである。

 聴いたことがないのに評価できるわけない。

 ムリもない、私だって一番はじめはそういう解説を聞いた後に聴いたので実感としてはあまりはっきりわからなかった・・・

 音がさらに前に出てくるようになる。そうなると、いままでのようにスピーカーのあたりにへばりついて出ていた(ベースとかバスドラの)低音(感)が強く感じられないために「薄くなった」といった評価になってしまうことが多い。

 実際に「生(ナマ)」を聴きに行けば、CDから再生される低音とはかなり異なり、、たとえば、クラシックならコントラバスの音は「もっと、ふわっと軽やかにしっかり低音を響かせている」ことを体験的に知っているはずだ。

 できれば、クラシックは間違いないが、ジャズとかの“アンプラグド系”のコンサートをいくつか経験すると参考になると思う。

 これは、スピーカーの材質による聴感的特性の違いによるものも大きいと思う。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
WSさん
 スピーカーを選べばもっと出せると思います。(今のが悪いという意味ではない!)

 おっしゃる低音が最高レベル・難易度のものでしょうね!

 Ksさん どうもです!

 F2aは銘球ですもの!その「オールフィルム」なら、すばらしさは想像以上かもしれませんね!

 今テスト中の抵抗に換えるのかな?
2006/05/26(Fri) 21:47 | URL  | LUCY #-[ 編集]
オールフィルムはいいですね。うちのSIEMENS F2a-PPはオールフィルムですがMOS-FETアンプのような音です。ただカソード抵抗とNFBはDALEですが、それ以外がリケンのRMGなんでこれを交換したいと思ってます。
2006/05/26(Fri) 20:44 | URL  | ks #uvrEXygI[ 編集]
興味深いお話ですね!
>コントラバスの音は「もっと、ふわっと軽やかにしっかり低音を響かせている」
というのはまさにそうで、オーディオでは難しいと思っています。
うちの音が低音不足気味なのは、押し出しだけ強いとその「ふわっとした」質感がゼロになっちゃうので、あえて押し出しを弱くして少しでも質感を出したいからなんです。ま、これは対処療法というか、ごまかしなんですけどね。ほんとうはじゅうぶんな低音の力を出したうえで質感を乗せるというのが筋だとは思います。
でも、オールフィルム…。PPPでやってみるとどのくらい費用かかるんだろう…
2006/05/26(Fri) 13:54 | URL  | Waldstimme(WS) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。