自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
なつかしいなぁ・・・ジューシィ・フルーツ
2006年05月13日 (土) | 編集 |
 うわ~ん、なつかしい!ひょんなことから、シューシィ・フルーツのmp3を入手した。当時、高校生だった私のお気に入り。
jucy 1

 彼ら(彼女ら?)がデビュー直後、友人がアルバムを持参しコンセプトとか近田春夫をバッチリ語り、先に知識を仕込まれてから聴いたのでさらにぶっとんだ。

 一般的には、「ジェニーはご機嫌ななめ」・「恋のベンチ・シート」といったキワモノがシングルカットされ、ヒットした関係でああいう曲ばかりのコミック・バンドのように思われがちだが・・・真のねらいはかなり違うし、練りに練って作られたグループ&サウンドだった。
jucy 2

 プロデューサーの近田春夫本人が後に、「盗作騒動」でミソを付けたが、彼の卓越したポップセンスが惜しみなく投入された、コンセプトフルなグループだった。

 たとえば、「ジューシィ・フルーツ」自体が“あれの隠語”だし・・・
 
 ポップなメロディーとキャッチーなソングライティングで「エッチな内容」を歌い、20:00頃のゴールデンタイム進出を果たした。(というように、ほとんどのことにねらいとコンセプトがあった!!)
jucy 3

 サウンド面もひねりがきいて、当時まだ確立されていない最新の“テクノ”フレーバーを振りかけ、はしりだったアナログシンセをフィーチャーし、ポップス,ロックフィーリングも加え、ビビッドなサウンドメイキングでキャッチーなメロディーライティングだった。

 バッキング・コーラスも「かけあい」のようになってたり、「クサイ“でゅわ・でゅわ”」とか思いっきりがんばっているところが緻密!

 つまり、サウンド面でも手抜かりなく充分にしこまれていたのである。

 当時、女性ギター&ボーカルというスタイルでアイドルっぽくて、健全なスタイルは存在せず(ハードロックの女性はいた)、唯一無二のスタイルで出てきた。(いまだこういったスタイルはないでしょう!!)
jucy 4

 もちろん、すべての歌詞が「エッチな内容」ではなく、どれもポップスとしては、すばらしい出来のものばかり。

 とりわけツボにはまったのが、沖山優司のベースである。
沖山 優司

 はっきりいって、スーパーベーシストだ。残りのメンバーがあまり上手でないことと、誰がどう弾いてもクサイフレーズを弾いてるので、ベースプレイの超絶さがひどく目立つ!

 ジャストでキレのあるプレイに、メロディアスなノリノリフレーズで、(テクニカルでありながらそれを感じさせず)ドライビングするベース。当時“チョッパー”として台頭してきたグルーブ感を出しやすい奏法をまったく使わずに勝負していた。

 楽器もタダモノじゃなかった。いまでこそ、フェンダー・プレシジョンベースのブリッジ側にジャズベースのピックアップを増設する“PJスタイル”はポピュラーだが、当時は知らない人が多い最先端なスタイル。(当然、ボディをザグってのピックアップ増設&配線の改造が必要)な“PJ”を何気なく使っていた。サウンドは、「プレシジョンベースのようだがエッジの効いてるPJ独特のサウンド」を前面に押し出していた。
→ すっげ~かっこいい!としびれてしまった!

 調べたら、現在は「ゆず」のサポートメンバーもやっている。

 「おとめのカウントダウン」なんて、歌詞・メロディーともに秀逸だな~
 他には、「母がいろいろとうるさいの」・「おでかけコンセプト」など・・・
 ベースの超テクニカルな「夢ゆめ御用心」これは歌詞も・・・

 試聴希望の方はメールをください!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック