自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
KOSS THE PLUG  やってみた “ギボシ改”
2006年05月03日 (水) | 編集 |
 いきなり、真鍮・アルミといった“金属管”へ突入する前に、まず、ネットで定評ある「ギボシ改」をやってみた。

 おそろしく簡単だから・・・ 「ギボシ改」で聴きながら、次なるアルミ&真鍮管による本格的な制振(ダンプ)バージョンを創ることにした。試聴も兼ねることができて一石二鳥!

 さて、オリジナルのゴム管と比べて、どう音質に変化があるか?楽しみである。

 作り方(というほどでもないが・・・)

 それこそダイソーで100円のギボシを買ってきて、自分の耳がベストフィットになる長さになるように何回か切って長さを調整すればバッチリだ。
ギボシ

 これだけじゃ、「ギボシのサイズがわからない」という人のために!

 イヤホンのパイプが4φなので、4φがはまるギボシならなんでもOKである。

 どれを買っても、たくさん入っているので失敗しすぎて足りないということはないだろう。
ギボシ改造

 (写真上左から、ギボシ、ギボシをカットしたモノ、カットしたモノにイヤーピースを装着したもの)

 そして、おしゃれに決めるなら、「SONY EP-EX1」というイヤーピースを買ってきてつければ完璧である。
ソニーのイヤーピース

 試聴

 少なくとも、オリジナルの「思いっきり安っぽい黒いパイプ」より柔軟性があるため、その分ダンプが効いて良い音に感じる。(この解説もっともらしいけどまったく説得力ない・・・笑)

 音質は、ダイナミックレンジが広がってリッチな感じの音質になる。

 定評がある改造方法ということがよく納得できる。

 評価

 費用対効果はきわめて高い。
 試す価値は充分にある。

 こんなことも・・・

 「ギボシ改」を調べていたら、「ギボシ」のことで次のようなツッコミを入れている人がいた。「ギボシの人体への影響(環境ホルモン等)を考えずに使うのは良くない!」だって・・・



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 初めまして、情報ありがとうございます!
 
 シリコンチューブも耳に優しくて良さそうですね!

 私は周囲の音が聞こえなくなるほど、バッチリ遮音することは危険と思い、多少聞こえるようにしています。

 みなさんはどうなんでしょうね?

 また、何かあったらガンガンコメントよろしくお願いします!

2006/05/04(Thu) 23:53 | URL  | LUCY #-[ 編集]
大昔に流行った頃に定番だった、ハンズで売っている「シリコンチューブ」やってます。
#当時は・・装着感のupがメインだったと思います。(イヤーウィスパー化とか)

以前は888を使っていたのですが、東海道線の爆音に耐え切れずplug厨にww
#そのまま自転車に乗ると超キケンですが(爆
2006/05/04(Thu) 18:17 | URL  | うまい棒 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック