自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初に組んだPC
2006年03月24日 (金) | 編集 |
 うれしいコメントをいただいたので、語っちゃおう!
 tubeのマザー・ボード一時期話題になりましたね!

 こういったこだわりのマザーを使っている人がいてうれしい!

 かくいう私は、最初に組んだPCをサブ機として残しています。

 でも、心の中ではメイン機なのだ。いろいろ記憶に残ることが多いし、速いので・・・

 スペックは、
 マザー ギガバイト DXR+
 CPU  モバイル・アスロン 2600+ バートンコア
 メモリー Micron
 ビデオカード(あえてこう言おう!) VOODOO5

 とまあ書けばこんな感じだが、雑誌を見て改造してある。

1. マザーボードのコンデンサーの空きパターンのところにOSを主に、低インピーダンスの大容量コンデンサーを投入。ついているコンデンサーをすべて交換した。

2.一時期話題になった「速い」といわれたモバイル・アスロンのバートンコアのブリッジクローズに挑戦した。

3.VOODOO5もBIOSを書き換えてある。

4.サウンドブラスターも入れて、インテルのギガLANもつけて、PCIは1つを除いて全部使っている。PCIの相性にも苦労しました。(笑)
 → 現在の何でもついてるマザーとは大違い!である。

 とまあ、おバカな改造をしてあるのだが、これがなぜか速い!

 FSB266で2600+のアスロンが、メイン機のFSB400の3200+
よりはるかに反応が速いのだ!
 「なんで?」と思うが、改造に苦労したので「やった甲斐があった!」と自己満足している。

 VOODOO5はコアなユーザーが外国には(主としてアメリカ)に多く、改造されたドライバーがアップされていてそれをいくつか試し、その高機能さと安定度で満足して使っている。

 ブリッジクローズもCPUを壊しはしないか?とドキドキしながらやってみた。成功したので、倍率が自由に変更できるようになって自己満足である。

 現在のオーバークロッカーのレベルにはかなわないが、オーバークロックもせず、ほぼデフォルトで「スーパーπ104万桁が40秒台前半」で動く!

 これにはビックリ! 追求したい気もするがマニアじゃないのでこの反応スピードといい、処理の速さで満足して追っていない。

 どのパーツをとっても、現在のものとは比較にならないくらい遅いパーツだらけだが、VOODOO5のアナログ(しかない)出力の色も悪くない。画像の出力スピードにも問題を感じないし・・・お気に入りの一台です!

 明日は、納車だぁ! 愉しみ! ワクワク!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
久しぶり!
 お久しぶり! 元気ですか? 最近はいかがですか?
2006/03/25(Sat) 01:32 | URL  | LUCY #-[ 編集]
クルマ、楽しみですねぇ(^^:
2006/03/25(Sat) 01:06 | URL  | Waldstimme(WS) #3DpfYUu6[ 編集]
こんにちは
http://happy-site.net/で記事みつけたので見にきちゃいました~。ブログまた見にきますね。
2006/03/25(Sat) 00:11 | URL  | かんじ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。