自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Martin J40 MBLE "1987 guitar of the month" 「1987 ギター・オブ・ザ・マンス」 6
2017年02月19日 (日) | 編集 |
“Guitar Of The Month” 「ギター・オブ・ザ・マンス」の

ギターを持っていなかったし、

とても当時はマーチンなんぞ

買う経済的余裕などない“新入社員”時代・・・


唯一、雑誌で見るくらいしかできなかった(苦笑)

かといって、D-45を買えるほど、現在になっても裕福じゃありません(悲・泣)

ギリギリなんとかなりそうな値段で、

“Guitar Of The Month” 「ギター・オブ・ザ・マンス」

のギターが出てきた

ブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)

only seventeen made (たった17本限定)

2017年の今、

マーチンのブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)の

ギター新品で買ったら、一体いくらになるんだか・・・

想像できないくらい高いだろう・・・

そこで出てきた、このギター

Dより大きいJ(ジャンボ)


完全なストレート・グレインではないが、

“柾目”quartersawn"


マーチンは80年代に、D2グレードのブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)しかないのであまり作りたくない、とアナウンスした

“柾目”quartersawn"もあまり持ってないので、量産できない!と言っていた


実際は、売らないだけで、

強烈に素晴らしいものは、

高額カスタムオーダーで対応していた(苦笑)


D2グレードは、発売されたブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)を見る限り、柾目ではなくほとんど板目といっても良いだろう

マーチンは、ブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)で量産してた時代、“柾目”quartersawn"を厳しく選別して使っていたので、
板目を使うことなど許せなかったのだろう・・・

今じゃ、ばんばん使ってるけど・・・

それでも、ブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)を使ったマーチン、

おっそろしく高い!

もうよほどの金持ちくらいしか、

買えないよね~!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。