自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
Martin J40 MBLE "1987 guitar of the month" 「1987 ギター・オブ・ザ・マンス」 4
2017年02月05日 (日) | 編集 |
脱線する・・・

ポイントは、

"Guitar of the Month"

「ギター・オブ・ザ・マンス」


このことは日本で

雑誌やムック・季刊誌で、

触れられることが

ほとんどないのが不思議!!


せっかくなので、ここでお伝えする!

"Guitar of the Month"「ギター・オブ・ザ・マンス」は、

1984~1997年 まで行なわれた


始まりの1984年、が最大のポイント!

アメリカでは、、教科書にも出てくる  

ジョージ・オーウェルの「1984」でも有名な年号


このブログを読んでくださる方でも、若い世代の方にはご存じない可能性もあるので…

私にとっては80sはもっとも良いときだったが・・・(ま、これは別として…)

時代的なこと(世界情勢)とミュージック・シーンを

チェックすると、

別の側面が見えてくる・・・


世界情勢は、

フォークランド紛争から湾岸戦争へと軍事情勢も不安定で、

世界の緊張が高まっていた・・・

そして、チェルノブイリ原発が1986年にメルト・ダウン・・・

社会情勢は非常に困難な曲面を迎え、


これとは逆に、

日本はバブルのクライマックスへと加速していく情況・・・


さて、ミュージック・シーンは・・・

ものすごくおおざっぱに言うと、

アナログ・シンセサイザーから(初期)デジタル・シンセサイザーへと大発展する、

メモリー・ムーグやシーケンシャル・サーキットのプロフェット5(Prophet 5)など

5~6音出せるアナログ・シンセサイザーは存在したが、

基本的にモノ・フォニックといって単音しか出せないキーボードが

デジタル化されることで、、和音が出せるようになってきた・・・


このキーボードの発展により、文字どおり

キーボードからシンセサイザー(合成機)へと大発展


これにより、”空前のエレクトロニック・ポップ”

「エレクトリック」ではなく「エレクトロニック」である


デジタル・ブームの到来だ!

長くなったので、つづく、としよう・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック