自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろちょっとタフなギターを・・・ 7
2016年04月24日 (日) | 編集 |
学名:Dalbergia nigra は

ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)以外

存在しない


だが、マダカスカルに植林された

ブラジリアン・ローズウッドが存在し、

これを現在、マダカスカル・ローズウッドと呼んでいるが、

移植しものと、元から現地に生えていたものと

区別がつかない


そういう意味では、

マダカスカル・ローズウッドでも、

ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)を移植されたものなら、

”あたり”かもしれない・・・


産地が違えば気候も土壌も異なるので、当然同じ音質にはならない

たとえば、"アメリカ育ちの日本人”、"日本育ちのアメリカ人”、良くも悪くも"アメリカ育ちのアメリカ人”、"日本育ちの日本人”とは、フィーリングなど違うでしょっ!

果物だって、産地が違えば、味も大きさも違うもんねっ!

3.弦長

こだわりがあるのは、ロングスケール

弦長が長いと音質がワイドレンジ,ラウド

永いことSchoenbergの25 1/2インチスケール、これはマーチンのDとOMに使われてる弦長で通常のアコースティックギターでは最も長いスケール、これに慣れ親しんでることも一因

これよりちょっと短いOOO(トリプル・オー)のスケール 24 3/4系統の音質は、“丸くなってしまう”ため、好きになれない

やはり、弦長は長い方が良い!

 が“刷り込まれてる”


だが、ロングスケールの方が弦の張力が強くなる、トップ,ネックにかかる負担が増える・・・

前述のように、強度上トップ,ブレイスを強化するほど“鳴りにくくなる”わけで・・・

この辺の“さじ加減”、バランスの取り方にルシアーの力量が問われる

こんなことを織り込みギターをチェックしてた

なかなか、“これだっ!”

に出会えず、出会えても高価すぎて

買えない(苦笑)、

タッチの差で「売約済み」(苦笑)

の連続


そこで、友人から情報が、「Hold(商談中)」だけど、気に入りそうなギターが出てきたよ!

ネットでチェック、たしかに「Hold」

数日後「Hold」のまま

うまく話がまとまらないようだ・・・

チャンスか?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。