自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
そろそろちょっとタフなギターを・・・ 6
2016年04月17日 (日) | 編集 |
おおざっぱにいえば、ジャーマン系統の音質派とアディロン系の音質派2つに分かれるだろうなぁ…

他には、マホガニートップ,コアトップ どちらも個性的で魅力ある音質だが、ポピュラーではないでしょう

2.サイド・バックの材質

入手できる限り、

サイド,バックは

ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)一択


これじゃないとイヤ

やはり、ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)の音質を凌駕する木材は存在しないと強く感じる

ハカランダの代用材はいろいろとあり、インディアン・ローズウッド,ココボロ,マガダスカル・ローズウッド,ホンデュラス・ローズウッド,アマゾン・ローズウッドなどあるが、“音質的に似てる”であって、“超える”と感じたことはない

→ 「代用材は代用材でしかない」

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック