自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
そろそろちょっとタフなギターを・・・ 2
2016年03月26日 (土) | 編集 |
エクストラ・ライトというギターの弦では細い弦を張っても10分も経てば、ブリッジ部分が弦に引っ張られて(張力に耐えきれず)持ち上がってくる(この現象を総称して「ドーミング」という)

現在は、“見た目 危険なくらい(クラックするくらい)ドーミングした状態”で安定する

→ マジ、おっかない!

→ 持ってるSchoenbergがすべてこの状態で、安定してる


→ これが“このギターの特徴・仕様“といえる

だが、「このあやういバランスがいつくずれ、ギターの表板がクラック(割れてしまう)するか?」を考えると精神衛生上ものすごく怖い!

事実、トップ・クラックしたSchoenbergの個体は多い!

→ ライト・ゲージ以上の弦を張り、管理が悪ければ、トップ・クラックをたやすい


→ 気をつかわさせられる(これがイヤ!)


→ 脱線するが、Schoenberg購入時の最重要チェックポイント!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック