自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
こんなの買いました ”激安中華”真空管ラインアンプ 2
2016年01月09日 (土) | 編集 |
ここで“こういったラインアンプの立ち位置”について

はじめに不買運動ではないことを明言しておく、誤解なく真意を汲み取っていただきたい

CD、いまとなってはSACDやDSDの時代では、一般的なCD(SACD,DSD)プレーヤーは、ダイレクトにパワーアンプを駆動できるだけの出力が備わってる

ということは、言い換えると「ラインアンプ自体」不要

音質が悪いなら、そのCD(SACD,DSD)プレーヤーの(アナログ)出力部がダメ

さて・・・

「入力信号以上の正確な音は絶対出ない」

「余分なパーツはその分、音の純度・解像度を濁らせる」

正論

ならば、“こういったラインアンプ”は不要?

「否定も多い」 

これも正論


使うとなれば…

ダメな出力部を持つプレーヤーを使ってる人、“味を求める人”にとって、“ イコライザー,フィルター,エンハンサー”、言い換えれば「エフェクター」として存在価値がある

“化粧させる”、“うまく味付けする” 

これで愉しく聴ければ

イイんじゃャないっ!


でも間違えないでね! “こういったラインアンプ”使った時点で、“イリュージョンの音質”ってことを・・・

個人的には、「多少ボケて聴きやすい、エンハンサーとして愉しませてくれればイイなあ!」というスタンス

例えると、「カラオケなら、多少エコーがかかってるほうが、うまく聞こえる」って感じ

これをねらってみたい


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やまぐちさん、どうもっ!

あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いします!

作るより安いんで買ってみました

ま~だ届きません!(苦笑)

想像どおり、想定どおり やはり、中国からです!(苦笑)
2016/01/11(Mon) 23:22 | URL  | LUCY #-[ 編集]
昔ある人に「ここに球置く意味あるの?」って聞かれたことを思い出しました(笑)。

なので彼が使ってた雑誌のおまけデジアンのオペアンプ指差して「それ言っちゃうとこれもあんまり意味ないんだよ?」と言ったんですけど分かってもらえたのかは不明です(^^;
2016/01/09(Sat) 15:30 | URL  | やまぐち #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック