自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなの買いました ”激安中華”真空管ラインアンプ 1
2016年01月05日 (火) | 編集 |
今年の初めは、オーディオで、

それも、"激安中華”の

真空管ラインアンプから・・・(爆)


この正月いろいろネットを検索していて、”おもちゃ“を買ってみた

真空管ラインアンプ←クリックすると別窓で開きます

まだ届いてないが・・・

かなり出始めの頃から、たまたま知ってるYAHA系の真空管ラインアンプ

YAHAは、Yet Another Hybrid Amp(lifier)の略

購入したのは、「YAHAの亜種」

よろしければ、「YAHA(アンプ)」などで検索すれば、たくさんの方が作られていらっしゃいますのでそちらに詳しく書かれてますのでここでは省略します(笑)

簡単に言えば、ACアダプタで取り出せる12Vを真空管のヒーターとB電圧に使い、オペアンプで低インピーダンス化して出力することで“(出力)トランスレス化”、小さく真空管を使ったラインアンプを構成できる

発想はすばらしい…

「電池管」ならば、電圧的にガマンできるが・・・、絶対にB電圧が低すぎる12Vは許せない!

「真空管に低いB電圧はダメ!」

というコンセプトは、

誰が何と言おうと揺らがない!


なんせ、私は、

Little Lucy,Little Busterで

ミニマムに12Vから250Vを超える電圧を取り出せる

スイッチング電源回路も

ひねり出したくらいなので・・・


自分がラインアンプを

ミニマムに創るなら、

このスイッチング電源回路で

高電圧を使う


・・・で、YAHA系のラインアンプにはケリがついてた

そこで、“必殺!激安中華” (爆)

何もせずに“使えるもの“だなんて、まったく思わないが・・・(爆)

自分でパーツを買いに行って組んで、ケーシングまでのコストを考えれば、「これは“あり”だな」

なんせ、ACアダプターがついて

“この値段で音が出る状態”

で売ってるぞっ!(爆)


基板を買い、パーツを買いに行くテマヒマ、ケーシングなど自分の人件費をブチ込んで、「使い物にならないから捨てる」はくやしくてできないよねっ!(苦笑)

さて、みなさん、

これ どう思いますか?





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。