自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
新規に PCを組もう! 4
2015年11月12日 (木) | 編集 |
一番悩んだのが、マザーボード

今回マザーボードを選ぶ際、もっとも重視したのが「LAN チップに何を使っているか?」

現在のマザーボードでは「Killerのシステム」が入っている

感覚的でしかないのだが、“どうしても遅く、鈍い”気がしてならない、ドライバーの更新もほとんどしないし・・・

なので、今回は

「intelのLAN チップが使われてる」

“全部入りマザー”

から選ぶことにした


“全部入り”を選ぶ理由は、後からつけ足して“相性問題が発生するトラブルを回避することと、“全部入り”が各社トップラインの製品であり、注力するモデルだからである

自分で調べ結論は、今回のLGA1151 Z170チップセットのマザーボードでインテルのLANチップを搭載してるのは、ASUSTeK(最近、エイスース、と読ませたいらしいが、アサスと言ってしまう・苦笑)しかない

う~ん、いままで好んで使ってる安定性を重視のGigabyte(ギガバイト)はKillerを使っている

MSI,ASRockもKillerを使っているので“選択肢”からハズす

自動的にASUSTeKになってしまった

個人的には、Gigabyteの方がASUSTeKよりも安定性が高い気がしてて、好んで使ってるが、現実は1位のベンダーがASUSTeK、2位にGigabyteとのこと

う~ん、ここでASUSTeKを試す良い機会かもしれない?と思ってチョイスしてみたが…
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック