自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと整流基板を手組みしましたっ!
2015年08月01日 (土) | 編集 |
さすがにこの連日の暑さ、堪えますね・・・

みなさんは、元気ですか?

私はちょっと気力が・・・

やっとこ、整流基板を手組みしました!

こんな感じです!

IMG_2579

IMG_2583

ちょっとこだわってみましたっ!

整流後に、インダクター(チョーク)を用いてリップルの削減と、不要な電圧の降下をさせるようにしました

ちょっと実験を兼ねてます


PROSTさんのフィルター基板を組んでみて感じたこと

それは、「チョークコイルの性能の再確認」だとLUCYは思っています!

チョークの能力は非常にすばらしいので、一番初期のP.P.P時代から、プレート・チョークによる“フル・スイング”などを紹介してきました

ここで、「整流後、電圧を降下させたいが、抵抗で落とすのはおもしろくないなぁ・・・」

しばらく気づかなかったのですが、Little Lucy V12 the ultimateなどで、インダクターで昇圧したりしたときのインダクターをチョークとして使い、電圧の降下と共にリップルの軽減をねらって見たいと思い試してみようと・・・

インダクターをチョークとして使い、ケミコンに積セラを抱かせて、“疑似・スーパーファースト”をねらう

そして、いつものように「ダイオードは2パラ」でショットキーバリアダイオードを使ってます!

こんな整流基板いかがですか?


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。