自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W124 AMG 300CE 3.4-4V 無接点OVPリレーに換装 2
2015年07月09日 (木) | 編集 |
それでは、作業工程

OVPリレーはバッテリーの奥にある

→ バッテリーをハズさないとならない


IMG_2548

私は、電源強化のために、100Aのバッテリーを積んでいる

→ ディーゼルが100Aを標準で搭載してるので、搭載可能です!


小さな70Aを我慢して使う必要はない


100Aが載せられることを知らない人は多いですね!
IMG_2540

バッテリーをハズしました!

IMG_2541

カバーをハズすと、コンピュータ(←実はこれらが、当時の制御系です)と呼称する(苦笑)が現れる


IMG_2544

この右端にOVPリレーがある

IMG_2547

交換は簡単です、ボルト1本はずせば取れます!


サクサクっと交換!


IMG_2546

例によって、新旧の比較

ま、あまり見た目は変わりませんね!


インプレ!


セルの始動性が良くなる、などとネットではみなさんが書かれているようですが・・・


そんな気はしますね!(爆)


ぶらしーぼレベルです!

多少レスポンスが良くなった気はします!


一番大事なことは、

機械的な接点が減ったことによる

メカニカル・トラブルの要素が1つ減った


これにつきるでしょう!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。