自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W210に2度目のTEREXS(エンジン洗浄+α)をした
2015年06月24日 (水) | 編集 |
IMG_2498

W210に2度目のTEREXSをしたっ!

エンジン内部の洗浄は

W124 AMG 300CE 3.4-4Vでも2度行っており、

効果は充分体感してるっ!


W124の場合は、13万キロという日本で言う“過走行車”に属するが、本国ドイツでなら、“まだまだおニュー”のレベル

実際、当時はW124はドイツでタクシー車両であり、100万キロくらいはあたりまえのように使ってた

これと比べれば、

13万キロなんて、可愛いモノ!(苦笑)


とはいえ、2度目のTEREXSでも、“間違いなくやった方が良い!"と実感してるので、今回W210にも行った

IMG_2499

IMG_2500

IMG_2501

自分のW210 エンジン自体の調子はきわめて良好、

今回の最大の目的は、「オートマオイル(ATF)の全交換」

実は、W210から、「オートマのオイル(ATF)の交換は不要」とアナウンスをメルセデスは出してる

それが理由で一般的には、W210からATFの全交換は行わない傾向が強い

実際、断られるケースも見受けられる

脱線するが・・・

ちまたでよく言われる「5~6万キロ以上走ったATFの交換はしない方が良い」


ありえない、

やった方が良いに決まってるっ!


とバッサリ切り捨てるっ!(爆)


たとえば、食べ物なら、「とんかつ/てんぷらなどを あげる油を無交換で使い続ける」と何ら変わらないってこと!(爆)

この場合、みなさんどうなるか?

わかりますよね、


“トイレと仲良し、

当分出てこれないね?”


IMG_2506

話をもどして・・・

ATF交換不要のW210に

ATFのドレンボルトはついてるんだなっ!(苦笑)


これってどういうこと?

→ ということは・・・ ですね!

だが、メルセデスは、「ATF交換不要の理由として15~20万キロでATミッションを交換(!)」を前提としてることを知らない人がほとんど

ATミッション自体の交換ですよ! 軽く50万円コースですね!(爆)

このW210につまれた電子制御式5速のATは、かなり数多くのリコールの結果(!)丈夫ですばらしいらしく、15万キロ程度じゃATF無交換でも壊れないらしい(自分で試す気にはなりませんが・・・)

でも、ドレンボルトもついてるし、そんなに長い間無交換でATFを使い続けて良いわけがない

そこで、前回のTEREXSのときに

「ATFの全交換」を行った


やはり劇的にフィーリングは回復する、と感じた

だが、1回換えた程度じゃ、ず~っと使い続けた最初のATFが抜けきってないことは明白

IMG_2495

最低でも2度くらいは

ATFの全交換

やっておきたい!


そこで、2度目の全交換を同時に行った

やって良かった

金谷オートさんでの、TEREXSとATFの全量交換はリコメンド!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック