自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W210 に WAKO’S RECSをやってみたっ! 
2015年05月13日 (水) | 編集 |
W124で好感触だった WAKO’S RECS

キャンペーンということで、W210にもやってみた

あらためて写真は撮らなかったが・・・(笑)

興味深い結果が出て、非常に満足してるっ!


というのは、まったく白煙が出なかった(これはこれでつまらないことだが・・・笑)


= カーボン・デポジットの堆積がない証拠


= エンジンの調子が良い証明


だったから・・・


店の人もビックリしてた


「いったい何をしてるんですか?」

と不思議がってた(笑)

「ここまで白煙を吐かないことはないんですが・・・」


ニヤリ・・・


やはり、これはマグネット・チューンの効果

超強力なネオジウム・マグネットがガソリン分子を整列させることによって、燃焼効率が高まる

が証明された、としか思えない

マグネット・チューンについては以前かなり書いたと思うので、省略する


このブログの左側にカテゴリー分類があります、「マグネット・チューン」は1つのカテゴリーにしてまとめてありますのでよろしければご覧ください!

W124の強烈な白煙を吐いたことと、W210のまったく吐かないのはあまりに対照的

W124はKEジェトロ、ということで超強力なネオジウム・マグネットによる磁力の悪影響を考慮して、マグネット・チューンをしてないが、なんとかしてマグネット・チューンをやりたくなってきた!(笑)

KEジェトロとかなり初期の燃料噴射ノズル、通称 ファット・ボブ による噴射の組み合わせは、今となっては「無効噴射時間の長さ」や、「噴射孔が1つという効率の悪さ」、と相まって “かなり残念なシステム”

うまく、取り付けられるものがあれば、最新のノズルに交換して、燃焼効率のアップを図りたい、と考えているが・・・

これはかなり難易度が高いだろうなぁ・・・(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。