自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生日にご褒美をくれてやろう!・・・って、またこれかい?(苦笑)8
2015年03月30日 (月) | 編集 |
IMG_2384

“トラスロッドを回す” という “大技” をかまして約1週間様子を見た

IMG_2400

このSchoenberg Soloist 80年代後半という まあ、かなり最近のギターだが、数えるとすでに20年以上経ってる訳で、「トラスロッドがきちんと動作するか?」疑問・・・

ネックの一部だけに “効いてくれても困る” わけだ・・・(苦笑)

そこで毎日、数回ネックの裏側を軽くチョップして、トラスロッドに刺激を与え、ネック全般にテンションがかかるようにしたつもり

イヤな予感は当たる・・・

やっと 「順ぞり」 気味 になってきたが・・・


“キレイに順ぞりにならない!”


はぁ・・・

こりゃ困った・・・

リペアマンによると、ギター用のアイロンをあてても、結局は元に戻る とのこと・・・


IMG_2416

そこで、一度弦をハズし、指板にクリーニングを兼ねてレモンオイルでバッチリ拭き、その後べっとり塗っておいて染み込ます!

レモンオイルは最終的に蒸発する

染み込んだときに、水ほどではないが、“変形(縮む)ことができる”

ま、これが乾けば再度変形することになるが、一度トラスロッドの好むように変形させてやる必要があるなっ!

「染み込んでトラスロッドの変形」を待ってる間、サドルを削るっ!

IMG_2417

オリジナルのサドルより、6弦、2弦、1弦がかなり低くなってきたが・・・

これで、6弦側が12フレットで約3mm、1弦側12フレットで2.5mm


もっと下げたい!

IMG_2418

IMG_2419

かなり最終版に近くなってきたと思うが・・・

約1mm程度削り落とした

これで、計算上12フレットでは約0.5mm下がる

IMG_2420

サドルを削って下がった分テンションは下がる

さて、サドルの調整も終わったので、染み込まなかったレモンオイルを拭き取って、再度(何回めかな・・・苦笑)弦を張る

直後だが、“順ぞり”気味とサドルを低くしたことで、6弦側は12フレットで3mmを若干切った、1弦は2mmを切った

もうちょっと下がらないかなぁ・・・


これでしばらく様子を見よう!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。