自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生日にご褒美をくれてやろう!・・・って、またこれかい?(苦笑)6
2015年03月14日 (土) | 編集 |
IMG_2385

ナットじゃないので、サドルは精神的にラクだ!

IMG_2386

まずていねいに、サドルの長さを合わせる

厚みを、ぎっちりはまって、逆さにしようが、逆さで振っても落ちない、ぎっちぎちのクリアランスに仕上げる

厚み自体は、簡単だが、サドルの両サイドは丸くなってるので、そのアールに合わせて整形するのだけはかったるい作業

その後は、いままでのサドルをあてて、2mm程度高く鉛筆でマーキング

IMG_2387

フレット・バズから推定して2mm高く創っておく

IMG_2388

ちゃんと「コンペンセイテッド・サドル」にしたっ!


2mm高いと言うことは、12フレットで1mm高くなる


高い分には削れば良いが、

最初から削り過ぎると

元には戻らないからね・・・


IMG_2390

これでしばらく弦を張った状態でおいておくと、ネックがテンションで引っ張られてネックも動くだろう

どの程度ネックが動くのか?

トラスロッドを回す必要があるのか?


これらしばらく弦をレギュラーチューニングで張り続けないと答えは出ない


現状で様子を見るので、ナットの追加加工はしないでおく

サドルだけでも充分音質に変化が出るハズ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。