自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
ハイレゾ DSD どう取り組むか? PCM,DSD どうやって切り替える? 5
2014年11月08日 (土) | 編集 |
Amanero Combo 384 関連で 調べていたときに “解決策” が出てきたっ!

この方とは面識がないが、Mi-Take(=検索ワードです)さんの製品

mi_take4649

なんとこの人マイコンでPCM,DSDを自動判別させる制御基板を作成し、Amanero Combo 384の出力信号をPCM,DSDを別々の配線で出力させる

これに組み合わせるDACは、PCM,DSDの2系統で受けられるように端子を配置、PCM1792でどちらも受けられるように設計

COMBO384_CTRL


すばらしい! これってスゴイ! こんなすばらしすぎることを実現してる人いるんですね!


おまけに、“完成基板” で売ってくれる(必要なケーブルもすべて完成され添付)


さらにスゴイのは、基板が小さい=配線長が短く、理想的な配線を実現してる


もっとビックリなのは、安い! といっても良い価格で “完成基板” を頒布している

これで、コマが揃ってしまった

個人的に感激したのは、(基本的に)ハンダづけ無しで ケーブルをはめるだけで PCオーディオが完成し、PCM,DSDを自動的に振り分けて変換し1つの基板から出力してくれる状態が完成してしまう!

すべての問題をクリアしてくれる!


厳密に言えば、RCA端子のハンダづけとAmanero Combo 384のピンヘッダだけは、ハンダづけしなければならないが・・・(この程度のテマなら喜んでやっちゃいますね!)

たったこれだけのテマで、万事OKとは・・・

だって、SSOPのハンダづけとかまったく必要ない!(驚)

感動!!

mi_take4649-img60

ついでに電源基板も買っちゃいました

電源の音質を考えると “胃が痛くなる” けど、これもケーブルをはめるだけで “即 PCオーディオ 電源オン”という「速攻性」

だいたい、DACを創ってLED電源となると、数回はLEDを挿し換えたりして電圧測定は必要不可欠

これって完成した後の調整なんで、じれったいよね!


そういうテマも一切要らない

パッ、パッとケーブル挿して、ACアダプタ挿して 即 使用可能!

スゴイ!



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やまぐちさん、どうもっ!

ナイスなつっこみ!

そうなんですよね~!

何とかしたいんですが、そこまで PCオーディオに のめり込めるかどうか?

ということと、この52mm×72mmの基板1枚程度でステキな電源なんて創れそうもない、というジレンマもあります

仰々しいものをPCの横に置くのも考え物ですよね・・・
2014/11/08(Sat) 22:23 | URL  | LUCY #-[ 編集]
しかし弄りたくなりますね。電源(笑)。
2014/11/08(Sat) 18:36 | URL  | やまぐち #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック