自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
3回目のユーザー車検
2014年09月24日 (水) | 編集 |
20140924 102838

W124 AMG 300CE 3.4-4V 4th stage メンテの締めくくりは、3回目のユーザー車検!

購入時、廃車の車だったので、復活させるために車検を行っているので、所有して4年だが、3回目の車検となる

コツみたいなことはいろいろ教えていただいているので、この知識の蓄積はありがたいが・・・

いい加減「慣れたい」が、“痛くもない腹を探られる気分”はうれしくない!(苦笑)

やっぱ慣れないなぁ・・・

検査場では、検査用紙を購入する必要がある、3枚で20円

当日いきなり検査場へ行って、購入、記入、そして検査、というのも合理的な手だが、ちと落ち着いて取り組みたい


私の家から練馬の検査場は自転車なら10~15分程度の距離!


毎回、夏の休みで空いてる平日を1日作り、20円の検査用紙を買い、検査ラインを “じ~っくり”見学させてもらう!


難しい検査じゃないし、みなさんやってみると「こんなに簡単なの?」と思うくらいのレベル!

だが、2年に1度のことなので忘れてる!(苦笑)

この忘れてる記憶を呼び起こす、そして、安心して取り組めるように、確認の意味をもって“よ~く見学する”

書類は、前回申請時のコピーをとっておいて、家で落ち着いて書く(写す)のだ!


検査自体はホント非常にシンプル


1. サイドスリップ

2. ヘッドライトの光軸チェック

3. 40km/hでパッシング

4. フットブレーキ

5. 駐車ブレーキ

6. 排ガス

7. 下回り検査

この中で、自分で行う操作は、3.4.5の3つだけ!

「サイドスリップ」は、「ここをゆっくり通過してください」を通るだけで、検査場のコンピュータで測られるために自分の操作は全くない

「ヘッドライトの光軸チェック」は、「ヘッドライトを上向きにしてください」でコンピュータで測定されるので、ハイビームを点灯させるだけ

「排ガス」もプローブをマフラーに挿し込むだけなので、これまた何もすることがない

「下回り検査」は検査官が、車よりはるかに低い地下的なところにいてチェックするので、これまた何もすることがない


2. 40km/hでパッシングは 3.フットブレーキを踏む 4.駐車ブレーキをかける の3項目は自分が「機械音声に従って操作する」行う

たった3項目しか自分で行うことはない!

時間にして、せいぜい2~3分でおしまい というプロセス!

検査場に来てる車屋さんは、簡単すぎることと数をこなしてるので慣れきってて、“かったるそう”(爆)

今回は、ブレーキを全交換しているので心配要素はまったくなかった

自信もって取り組むことができて、1発合格!

20140924 101354

これが検査合格後の書類、提出する前に記念写真をパチリ!

でもやっぱ緊張しますね~!

この時点で、外観は仕方ないとして、機械面はかなり充足できるところまで整備できたのでご褒美を・・・

→ まだまだ、整備すべきところは多いですが・・・

20140924 113032

純正車の強みで、ヤナセ(AMG ジャパンを引き継いだ)にイグニション・キーをオーダーしておいた

前のオーナーから引き継いで使っていたキーを、これに交換した!

リフレッシュ!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック