自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やってみよう!PTの特注
2006年02月12日 (日) | 編集 |
 「PTを特注する!」などというと、慣れない人は“どんびき”になっちゃいますよね?

 私も最初そうでした。

 ですが、自分でアンプを作るときに「どうしても欲しい(電圧の)タップがない」・「納得のいく電流量がない」といった制約に、“自分のアンプが創れない!”・“自分のアンプが制約を受ける!”ということにガマンできなくなり「PT特注」への道を選ぶようになりました。

 「やってみると、難しくない!」 それに、「特注だからといってあまり通常品と値段が変わらない!」・「シールドも追加できる」といったこともある。

 こういったことも結果的にわかったせいか、「自分の創るアンプはPT特注は“いつものこと”」になってしまいました。(笑)

 では、知りたい人のために計算方法をお伝えしましょう!(というほど難しくないんだけど・・・)

1.(アンプはDCで動くので)AC×60%がDCの電流量
2.AC整流後のDC電圧は1.4倍(√2)倍
3.PTはACの電圧×電流量で総合の容量が決まる

 P.P.Pを例にとると、

・B電圧

1.欲しい電圧をDC300Vをねらう
 → 約AC220V となる。
2.欲しい電流量DC60mAとする
 → AC100mAとなる。(Aで頼むのが普通なので、0.1A)
3.PTのタップは 「220V 0.1A」となる。
4.電圧×電流
 → 220×0.1=22(VA)となる。

・ヒーター

1.WE396/5670は1本6.3V×0.3A
2.3本直列(片チャンネルごとに分けるとすると)0.9A
  → 余裕をもつために1.2Aくらいにしましょう!
3.「6.3V 1.2A」 を2つ
4.電圧×電流
 → 6.3×1.2×2=15.12(VA)

トータル 22(VA)+15.12(VA)=37.12(VA)

これで、40VAのPTに余裕をもってオーダーできますね!

ひねり

 せっかくだから、40VAに近づけたい!

 → 40-37.12=2.88もあまってるぞぉ~

 → B電圧を微妙に増やしてみましょう!
 → (途中省略)0.113Aとすると
 → 220×0.113=24.86(VA)

トータル 24.86+15.12=39.98(VA)

 どうだ!完璧でしょう!

 でも、だいたい小数点2位まではお店はつきあってくれません!

 なので、0.11Aとして、お店の人に「ここ巻けるだけ巻いとてね~!」とお願いするだけです。(笑)

 さあ、やってみよう! 「PT特注」
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
悪魔くんではありませんが
HNは気にしないでください・・・。BLOOG-RANKINGで紹介されていたので、見に来ました。YAHOOでBLOOG-RANKINGで検索すれば、出てくると思います。又見に来ま~す。
2006/02/12(Sun) 09:38 | URL  | えろいむえっさいむ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。