自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W124 AMG 300CE 3.4-4V 秘蔵ネタ 必殺 エアポンプレス化 4
2014年08月09日 (土) | 編集 |
ここで、直撃!ちまたで有名なW124専門店に数軒電話して訊いてみた

数件に伺ったが

なんでエアポンプハズすんですか、修理して新品に交換しないんですか?」

という解答ばかり


ほぉ~、エアポンプの動作原理を知ら

ない、
知ってたら寿命が来たら直すよ

りはハズしちゃった方がクレバーなこ

とは明白!とこちらは考える


→ これにより、私はW124専門店を信用しなくなった(数軒は信頼できるショップがある)

さて、仕方ない自分で考えるしかないか・・・


まず見てチェックすると、オリジナルの位置にあるアイドルプーリーは取っ払うのは、これがないとファンベルトが張れないのでムリ!

→ アイドルプーリーは取っ払えない!


この際、アイドルプーリーは交換することにしよう

最大の問題は、ファンベルトがエアポ

ンプを取っ払ったことで何センチ短くな

るか?


測る方法をいろいろ考えたが、結局

「ヒモに印しをつけて測る」ことにした


ある程度の調整は、テンショナーでできるので問題ない

測った結果30mm程度短くすれば良い


純正とは長さが違う


ファンベルトのOEM先は

CONTINENTAL


調べると10mm単位で作られてるこ

とがわかった


ならば、オーダーは簡単

IMG_2778


アイドルプーリーとともに発注した

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。