自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W124 AMG 300CE 3.4-4V 秘蔵ネタ 必殺 エアポンプレス化 3
2014年08月04日 (月) | 編集 |
IMG_2780

IMG_2788

IMG_2789

5,000ccのM119型V8エンジンにエアプンプレスキットがあるのに、3,200ccクラスのM104型エンジン用はない!

エンジン始動直後の状態はどちらもほとんど変わりない、ならなぜM104型も同様にエアポンプレスキットがないんだ・・・


結論「不要!」

ハズす!

“クランクシャフト直結のファンベルトで駆動しなければならない強大なフリクションロスにしかならない”エアポンプがなくなれば、フケは間違いなく良くなる

脱線するが・・・

エンジンにたった1kg程度でも重量物を載せるとエンジン自体の自由振動を阻害するためフケが落ちるとのこと

話を戻して・・・

「エアポンプをハズすこと」は上記2つの理由から、すばらしいこと間違いなし!

ハズすとなると・・・

ベルトの長さが変わる(短くしなければならない)


どのくらい短くしなければならないんだ?


どうやって測る?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック