自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W124 AMG 300CE 3.4-4V 秘蔵ネタ 必殺 エアポンプレス化 2
2014年07月31日 (木) | 編集 |
IMG_2783


IMG_2784

 エンジン始動直後たった30秒程度で停止し、その後は “強大なフリクションロスにしかならない” エアポンプ

 地球のためには有効だろうが車にとっては迷惑な代物(爆)

 最後には劣化して、ロック・ストップまでしてくれる“時限爆弾”

 直す価値があるのか?

視点を変えると、とんでもない事実が・・・

500EのM119型V8エンジンには「中近東仕様のエアポンプレス・キット」が存在する

5,000ccのエンジンにキットが存在し、

3,200ccの320E系統の 「M104の直列6気筒エンジンにエアポンプレスキットは存在しない」

いったいどういうこと!

効果はあるんだろう・・・

だが、コンセプトが矛盾してる


必要性が・・・

 それに私の車はAMG、三元触媒じゃなく最初からメタル触媒(スポーツ触媒、メタル・キャタライザー)が付いてる

 → さらに必要性が・・・

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック