自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジューシィ・フルーツ
2014年04月19日 (土) | 編集 |
IMG_1866

「オン・デマンドCD」という形態で、ジューシィ・フルーツのCDが入手できるっ!

う~ん、なつかしい! そしてうれしい!

年齢がバレますが、やっぱりこれは好きだなぁ・・・

特に、沖山優司のベーステクニック、フェンダーPJベースの音質、ノリ、サウンドメイクが好きだった

IMG_1867

一般的には、最大ヒットの「ジェニーはご機嫌ななめ」の“キワモノ的イメージ”がつきまとっているが、実は非常に奥深く、戦略的なバンド

ジューシィ・フルーツがデビューした頃、オールナイト・ニッポンでプロデューサーの近田春夫がDJをしており、このバンドのコンセプト、戦略を徹底的に語っていた、そして、ジューシィ・フルーツは毎回のようにゲストで出ていた


IMG_1868

近田春夫は、本気でかな~りとんでもないことを織り込んだバンドを創った

まず、バンド名の「ジューシィ・フルーツ」がご存じのように、隠語で“女性の性器”を意味してる


隠語の強烈なバンド名


そして歌詞の内容は、よく読むと、“すべて当時タブーだったエッチな内容”

加えて、当時の歌謡ゴールデンタイム=“バンドの出演はご法度”にロックで進出するっ!

これら、すべて“ご法度”の時代に殴り込みをかけるべく、歌詞、メロディー、アレンジを統括してプロデュース

別に近田春夫自身は、デビュー曲の「ジェニーはご機嫌ななめ」を特段こだわりはなく、インパクトがない曲だったため、ボーカルのイリアに「裏声」で歌わせてみたところ「面白かった」のと、当時こういう曲がなかったのでデビュー曲に使ってみた、と語っていた

近田春夫が語っていた中で面白かったのは、イリアのボーカルが「なぜか演歌気味でノリが・・・」これが武器になると思ったとのこと、逆転発想で下手なアイドルっぽい感じが気に入ったそうだ

これにエッチな歌詞とポップなアレンジ、そしてかわいいコスチュームで見事ゴールデンタイムに出演!

そういう意味で聴くと、非常に面白いバンドだと思う


ジェニーはご機嫌ななめ以外の方が、楽曲的にも上手で、うまいことエッチな歌詞を載せてるモノが多い!



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。