自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
Schoenberg Soloist ショーンバーグ・ソロイスト Schoenberg Soloist 25
2014年02月18日 (火) | 編集 |
IMG_1438

こんなこともあろうかと思い、ブッシュは同時に数種オーダーしてた!

1番フィットしそうなものをチョイスするも、やはり入らず・・・

穴の拡張工具を調べると・・・

お~、やっぱリーマーか・・・

アンプなどで修正舵に使う、おなじみの“あのリーマー”だ!(爆)


ギター用をチェックすると、たいした違いはない
IMG_1448
新規に購入せず、アルミや金属用のリーマーで充分流用できるね!

これは“後戻りできない改造”

失敗は許されない!


慎重にほんのちょっとだけ削った!

IMG_1441

最終的には、プラスティック・ハンマーで叩きて挿入するので小さめの穴で、ぎっちり打ち込むことができる!

IMG_1449

取り付ける!

IMG_1450
IMG_1451

IMG_1453

弦を張って、終了だ!

IMG_1454

IMG_1523




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Chakism さん、初めまして!

うれしいですね!ギターの話題

近い方ならお会いしたいですね!

私のブログの左上の「mail」をクリックしていただけると自動的にメールソフトが立ち上がります!

それでご連絡ください!

最近のBourgeoisは見ていると、かなり良い木を使ってるようですね!

さて、Schoenbergですが、紙面では書いてはいけない内容がかなりあるんですよ!(笑)

ご連絡お待ちしています!
2014/09/29(Mon) 20:30 | URL  | LUCY #-[ 編集]
Schoenbergについて
はじめまして。
私はBourgeoisの近年製Soloist Adiron/Honduran RWを愛用し、
いつも感動しているのですが、
じゃぁSchoenbergはどうなんだと気になってしょうがない今日この頃、
LUCYさんのすばらしい2本と詳しい解説に遭遇し、感嘆しております。

かつて持っていた90年代のBourgeoisは悪くはないものの、
白濁個体をよく見かけることからも、おそらく塗装が厚すぎるのが音にも表れていますが
工房を変えてからのBourgeoisはSoloistに限らず、3段跳びくらいグレードアップしています。
じゃぁSchoenberg期はどうなんだと、ますます気になるわけですが、
なかなか実物に触れる機会もなく、
時期による違いや独立後のBourgeoisとの違いはご存じでしょうか。
2014/09/29(Mon) 02:55 | URL  | Chakism #ISBwA1sM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック