自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレーキのリプレイス&アップ・グレード 1
2014年02月26日 (水) | 編集 |
実は、購入直後からの大問題!

コンセプトも決まり、やっと状況が整った!

ブレーキ!!

IMG_1610

命に関わるパーツ!!


致命的な左リア・ブレーキ

IMG_1611

なぜか、左側だけ小さいディスクで、片減りしてる

右側はノーマルの大きさ、というアンバランス!

本来なら、すぐに交換しないと死んじゃう、と思うでしょう

でも、フロントがバッチリ効いてるのでまったく問題にならない!

実は、W124という車、ブレーキがとっても豪華!

特に、上級グレード320以上になると、フロント 対向4ポッド、リア 対向2ポッド


現在でも、このレベルを装備した車は多くない

20年以上も前の車にしては、素晴らしく豪華な装備だ

乗ってて、猫が飛び出してめいっぱい急ブレーキをかけたときは、さすがにジャダーが出たが、それ以外は異常を感じることはなかった

だが、ユーザー車検の際にテスター屋さんで「サイドブレーキ(パーキングブレーキ)テスト」をしたときに、左側が甘く、ホントにめいっぱい踏まないと車検に合格できないレベルになってた

→ サイドブレーキはリア・ディスクの内側にあるドラム・シューで、消耗しないのでまず交換しないパーツ

→ おそらく、購入当時のモノがついてると推断、20年以上経ってるのでさすがにボロボロと考えるのが妥当


脱線するが、結果的にリア・ディスクをハズしたらかなりキレイな状態でリプレイスの必要はないレベルだった(苦笑)

だが、ドラム・シュー自体 パーツとしては 非常に安いので交換する!(苦笑)

→ ドラム・シューを交換するとなると・・・


→ これを機に、ディスクを正規のモノに直すのは当然!

ディスクを交換するなら、ブレーキホース、ブレーキオイル、片減りしたパッドのリプレイスなど一連の総交換を行い、“リセット”すべき!

なんせ、命に関わるパーツだから・・・

さ、ここからいろいろなことが始まる




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。