自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
Schoenberg Soloist ショーンバーグ・ソロイスト Schoenberg Soloist 17
2014年01月05日 (日) | 編集 |
久しぶりにギターの世界を調べてビックリ!

大変なことになってた!

ワシントン条約(CITES)のことで調べ違う側面を知ってたが、2013年現在、象牙の入手が困難

それも、ホントに困難!!(驚)


ここでお伝えしておこう

ナット、サドル 一般的にはプラスティック、ちょっと豪華だと牛骨で作られる

IMG_1370


だが、私は絶対象牙しか使いたくない!

象牙の音質が好み


象牙じゃないと出せない音質がある

特にブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)の音質には“これしかない!”っていうくらいマッチする


ワシントン条約(CITES)で知った違う側面

象牙を輸入できるのは基本的に日本一国のみ

理由は、三味線、琴などの和楽器には欠かせないパーツであり、この伝統楽器を維持し継承していく目的のために日本だけが輸入を許されてる


これ以外では正規ルートとして10年に1度程度、象牙はまとめて大量をオークションにかける、これを競り落とすしかないが大量すぎるのと高額になりすぎるため、よほど需要先を持っている企業しか入札できない


それに加え、象牙が大好きな国 中国がものすごいハイビットで競り落としてしまい、日本は20年以上象牙を正規輸入できていない、という事実

高騰してるが、入手できないよりマシ!

だが、象牙を買うには気をつけなければならないことがある




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック