自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W124 AMG 300CE 3.4-4V 最大の問題、それは狂熱のM104エンジンの発熱・排熱だろう 11
2013年08月31日 (土) | 編集 |
脱線するが・・・

1つ面白い事実がある


購入当初しばらくして、低速ファン関係のどこかが不具合を起こしたんだろう


ある時期から、イグニション・オンからず~っと低速ファンが回りっぱなし状態になってしまった(現在はいつの間にか直ってしまった・別に直らなくても良かったが・・・笑)


IMG_1382


ちょうどこの頃、オルタネーターを130Aにリプレイス・アップグレードした


オルタネーターに不具合はなかったが、70Aのオルタネーターじゃ能力不足、おまけに当時のメルセデスのオルタネーターの仕様は、エンジン2,500回転で全開となり、満発電する

→ 日本じゃ2,500回転で巡航できるところはありません、CEなので5速、通常のモデルで4速 2,500回転=120km/hを超えます!(笑)

購入時、「130Aのオルタネーターはよほどのオーディオ・カーナビを使ってなければ必要ありません!」とW124専門店で強く言われ、100Aのオルタネーターを推奨(怒)されたが、一回り小容量の100Aのオルタネーターのプーリーと130Aのプーリーを手で回して“フリクションの差”を確認した

そしたら、同じとしか感じられなかった(130Aの方がフリクションが大きいと思ってましたが・・・)


おまけに、130Aのも100Aのオルタネーターも、値段はたった数千円しか違わない


これらは、800回転というアイドリングに近い回転数で満発電するように作られてるっ!


なら、130Aのオルタネーターの方がいいっ!

なので、イグニション・オンからず~っと低速ファンが回っててもオルタネーターの発電量に余裕があるので気にしてなかった


この当時の水温が常時90℃程度だった

つまり、低速ファン×純正のラジエターの冷却能力=90℃程度

これ以上のエアフローを生まない限り

90℃以下は難しい


これは、W124に乗ってる人にとって、使えるデータだと思う!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック