自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
STUDER A730 適正化 8 ルビジウム・クロック 4
2013年06月17日 (月) | 編集 |
さて、ケースの選択

HENに入りそうだが、微妙に大きく内蔵不可能!(苦笑)


放熱効果の高いケースのチョイスが必要!

k24-01


そこで、一回り大きい HY シリーズをチョイス!


カラーはシルバーの方が良いのだが、スイッチがブラックなのでケースもブラックとした

IMG_1192

このルビジウム・クロックの筐体の寸法図がないため、“現物合わせ”で穴開けをしないとならない

なので、今回は3Φではなく、誤差を許容させるため3.5Φで穴を開けた

IMG_1198

底面は、フラットにしたいので皿ネジを使う

そのためには、6Φでザグった


IMG_1220

フロントパネルにはスイッチ用の穴19Φ、そしてエアフロー用の穴を4Φで3列15個開けた

IMG_1221

IMG_1200

IMG_1199

バックパネルは、IECインレット、7805(ルビジウム・クロックのさらなる制御用)、7812(ファンの電源用)の穴を各1個+ファン取りつけ穴3Φ×2個、ファン用に23Φ,そして、BNCケーブルの引き出しように15Φを開けた

→ う~ん、思ったよりかったるかった!(苦笑)

小さくまとめるために、けっこう位置決めに時間がかかったなぁ・・・(苦笑)


IMG_1213

配線はケーシング後、バラしたときにハンダをハズしたりしなくて済むように長めに設定

→ 何かトラブルがあったときは、ケースをバラしても配線をハズさずバラすことができるようにしてるっ!


美しく、キッチキチに組み上げることも1つの方法だが、こういうやり方もあるぞっ!(笑)

IMG_1195

IMG_1196

底面は脱脂をしっかり、シリコンをバッチリ薄くキレイに塗った

IMG_1216

そしてたまたま千石に会ったチップセット用とかの放熱フィンがあったので買ってみた

→ これがなんとすばらしいことにHYシリーズのトップパネルにピッタリの高さで、うまいこととりつけることができた

IMG_1217

IMG_1219

→ これにより、ルビジウム・クロックの筐体のトップパネルもバッチリ放熱できて、トップパネルと接触してるため、固定不要でトップパネルも放熱板として使うことができた(ラッキー)


IMG_1222

“狂熱の筐体”を想定してたので、ゴム足はこんなごっついでかいヤツを使った(苦笑)

完成して、使ってみてビックリ!


へえ~、たかが25mmのファンでもかなりの放熱効果があるっ!

“狂熱”を想定してたが、“ぬるい程度”まで放熱できてる


少なくとも40℃はなさそうだっ!


ロングライフが期待できるっ!


これは素早くケーシングして正解だったな!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック