自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式会社 がまかつ さま 再考をお願い申しあげる!
2013年02月26日 (火) | 編集 |
Little Lucy V12 “the Ultimate”は、ちょっと閑話休題!

久しぶりの「渓流ネタ」

IMG_1025

今年はものすごく期待してた、「極抜」シリーズのニューモデルが発売されるかどうか?


なんと廃番!

あせりにあせってネットを検索すれど、1本もない

ショップでがまかつさんの営業マンに依頼し、全国に捜索を依頼してまで入手した!

6.1m 2本 ,7.1m 1本

がまかつさん

何で「極抜シリーズを廃番にしたんですか?」


おそらくこのブログをご覧いただいてる方にとって、釣りは“視界外”のことだと思いますのでちょっとだけ・・・

ダイワは「琥珀」・「ゼロ」・「華厳」

シマノは「SUPER GAME」・「翠~」


といった“看板”ラインがある


がまかつには、「星煌峰」というラインもありますが・・・

「尺抜」の進化形「極抜」が“看板”ラインのハズ・・・

これを“廃番”にするなんて・・・悲しすぎる

たしかにスペックを見ると、ダイワ,シマノには負ける

→ 重いんです

おまけに、竿のデザインが・・・

そして、値引率が2社と比べると悪い


実際こういった理由で2社より“売れない”ことは誰でもたやすく想像できる


だが、実釣すると、

「軽さによる操作性の良さ」よりも、

「重くても確実に獲れる操作性の良さ」

の方が良いに決まってる

まさに「極抜」はそういう竿だ

「琥珀」に比べれば、20gと決定的なくらい重いが、「尺抜」から磨き上げた「獲れる操作性」を進化させた竿

他の2社の追従を許さない技術がこの竿にある


言葉で説明すれば、“強靱に粘る竿”=イトが切れにくい


実際私でさえ、7.1mで62cm,6.1mで58cmのマスを1号のイトで獲ってる

37cmのヤマメを6.1mで抜いたこともある

これを他社の6.1mで“信頼してできる”なんて思えない

なにとぞ「極抜」シリーズの復活、

そしてさらなる“進化”を

最大の賛辞と共にお願い申しあげる!







関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。