自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W124 AMG 300CE 3.4-4V エアコン,R12 さあどうするっ? 3
2012年09月06日 (木) | 編集 |
R12より低フリクションで高効率な「COLD12」

そのままCOLD12をぶち込んでも、とりあえず大丈夫、となってるが・・・

R12とCOLD12との混合はできるかぎり避けた方が良い、とのこと

リサイクル料のかかり、効率を下げるR12をわざわざ残して、混合する必要性はまったくない

ここでケチっても“おバカ” “変な憂い”を残すなら、全交換すべきでしょう!(笑)

あわせて、自分で「COLD12」を全交換、そして、全充填を考えた


完全交換には、「真空引き」が必要不可欠!


必要なモノ


1.マニホールド&ゲージ

A51SLU+eJiML.jpg

2.真空ポンプ(「真空引き」用として)

A41jWNvWce5L.jpg

3.COLD12 を 4本

Apro02.jpg

4.COLD12用 オイル 1本


Apro04.jpg

1.マニホールド&ゲージは仕方ないにしても、2.真空ポンプが高くつく


最低でも2諭吉は必要なようだ


別に、この際買ってもかまわない!と考えたが、「真空引き」の機会はめったになく、使用頻度は極端に少ない

今後使う機会がない機器、と言わざるをえない

1.マニホールド&ゲージは、R12,R134a両方に使用可能、補充時には必要不可欠な工具


それほど高価な工具じゃないし、将来の使用回数を考えるとこれは買ってもイイ


当然、W210 4MATIC WAGONのR134aにも使えるし・・・





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。