自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W124 AMG 300CE 3.4-4V カーオーディオのリプレイス&グレード・アップ 3
2012年08月15日 (水) | 編集 |
AIMG_0261.JPG

ってなわけで、自分でやるハメになった(苦笑)

やるとなれば、「まず現状の配線がどうなってるか?」確認しなけりゃならない・・・

はぁ~かったるい・・・

と思いながら、現状の付いてるカロッツェリア DEH-1000を引っ張り出して配線チェック!

お~、ちゃんと一番奥にリレーが付いてますね~(笑)

きちんとW124前期型のキモは対処されてます

これでラジオ受信時にアンテナが昇降してたわけですね!


AIMG_0275.JPG

「JASOコネクター」という“世界基準のアンテナ用端子”がカロッツェリア DEH-1000についており、きちんと車体側のコネクターとつながってるのも確認した

AIMG_0268.JPG

それにしても、エレクトロタップを多用した“こきたない配線”には閉口するなぁ・・・(苦笑)

AIMG_0262.JPG

日本仕様の変換キット(ギボシ)をちゃんと使って、ドイツ独特のコネクター変換してますね~

そんなことを確認して、事前チェックは終わり

さて、リプレイス用のカーオーディオ、といってもW124には1DINしかつかないし、“お手軽なグレード・アップ”とするので、“オールインワン・タイプ”を選択する

セパレートで4chのアンプをぶち込んで・・・といったエスカレートしたオーディオも考えたが、フロントの13cmのダッシュボード・スピーカーをFOCALにリプレイスしたとき、デッドニング等の音響処理をするにも内部のスペースにまったく余裕がなく、スピーカーの直下、数センチのところにエアコンの配管があってスピーカーをキッチリ取り付けるのでさえ苦労した経験から、やるとなるとこういった配管からやり直さないとならない、という“大がかりな取り組みが必要不可欠!”

→ よって、MP3等の圧縮音源がお手軽に聴ける程度で充足しておくレベルにとどめる

→ 本気でやるなら、もう1台のW210 4MATIC WAGONでやる方がクレバー

→ なんせこっちは2DINのサイバー・ナビがついてる(笑)

それに対し、こっちのAMGは同じパイオニアでも、エアナビ(メモリーナビ)という“廉価仕様”

立脚点が違いすぎるっ!(苦笑)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。