自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W124 AMG 300CE 3.4-4V 点火系のメンテ,リプレイス,グレードアップ 2
2012年07月21日 (土) | 編集 |
これらのリプレイスは“簡単”なのでお気楽に始めたが、思わぬところで“数発ずっこけた!”(苦笑)

まず、ファン・シュラウドのハズシ方を忘れてた・・・


こいつをハズさないとレンチを回すスペースがないのだ!


クリップを外せば上側に抜けます(左右1個、計2個あります)


AIMG_2762.JPG

AIMG_2764.JPG

次に、銀色のスリーポインテッドスターのついてる黒いカバーを落ち着いてハズしましょう! 特に難しいことはありませんが、“固着”してる場合があります

AIMG_2892.JPG

走って家に帰ってきて“エンジンが熱いとき”は、プラスチックなのでそれほど熱くないので充分触れます 暖められて柔らかくなってるので固定用のツメを欠く可能性が低い!! こういうときにハズしておきましょう!

カバーをハズすと、ディストリビューター(デスビ)はこのように6角レンチが3カ所で止まってます

AIMG_0224.JPG

ま、こんな感じで簡単にハズレてくれます!


AIMG_0225.JPG

ハズレました


AIMG_0227.JPG

ひっくり返して、接点をチェックしてみましょう!


AIMG_0229.JPG

こりゃひどい! よくこれで仕事してたな~(苦笑)

AIMG_0229.JPG

これが新品の接点です!





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック