自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
ぶちゃいく、不人気 でも、こいつは銘品だぜ! JBL2150 & NW3125 3
2012年07月07日 (土) | 編集 |
AIMG_0298.JPG

これは「専用ネットワーク3125」

不人気、ゆえの生産数少ない、加えて、“ユニットより売れない”専用ネットワーク(苦笑)

いっしょに買っておかないと、ユニットより入手不可能なブツでしょう

でも、この2WAYのネットワーク、どう ひいき目に見ても この大きさじゃ、良いパーツが入ってるわけ無いね!(苦笑)

さて・・・
「15インチ同軸」と言えば、代名詞ともなってる アルテックの604シリーズ、タンノイにはモニター,レッド/シルバー


やはり、JBLも15インチ同軸スピーカーで銘機を創りたかったんだろう

アルテック604シリーズの欠点、中域の充実、タンノイのモニターシリーズの欠点(これは好みが分かれるが・・・)おとなしめの音質=中域も穏やか

これらを超えるために、“強烈なコーン・ドライバー” LE5-2を創りだした

そして、出遅れたがこれら両機の音を聴いて、見直し、練り直し “聴感”で仕上げてきたんだろう

これらに比肩するために、高級な仕様となる「ネットワークは外付け・別体」、安易にネットワークをユニットにつけなかった

その結果、最後発なのに両機と比べて “ロースペック”、にもかかわらず、(自信もって)発売したんだ

でも、“不発”

史実(?)から容易に想像できた

でも、これは魅力的!

不人気なので数は多くないが、当然相場は安い!

う~ん、聴いてみたい!

15KHzまで(実際は18KHzまでは充分伸びてるが・・・)の充実した中域の充実!

→ もし、高域が足りなきゃJBLのコーン・ツイーターLE20を加えれば良い!







関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック