自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Eckmiller W85 エックミラー W85 超絶からくり箱 音質とアンバランス(RCA)配線
2012年05月26日 (土) | 編集 |
あたりまえだが、このエックミラーW85、スタジオの“業務機”

バランス(XLR)配線だ、アンバランス(RCA)配線にしないとならない

「調べても、なぜかアースが端子にない」


これが、購入前のとっても大きな疑問点だった

AMG_0190.JPG

ホントにシャーシアースでおしまいっ!


なるほどっ!これで配線可能だ!

音質ははっきり言って期待してなかった


だって、巻き線抵抗でこんなに取り回したんじゃ、ハイが落ちることは誰でもわかるっ!

さらに、コンデンサーをかます!(それもこの金属ボックスは「オイルコン」に違いない)

→ こりゃ、期待できない!(苦笑)

エージングCDをバッチリ流した後、聴いてみると・・・

解像度 問題ない(逆に、解像度は高い!)

帯域バランス すばらしい!


そして、このコンデンサーがうまい!イイ仕事してるっ!

低域の音圧・力感がバッチリ!

微妙に高域がなまって聞き疲れしない音質(この鈍らせ方、絶妙!← このテクニック身につけたい!)

→ この解像度にすぐれ、帯域バランスに問題なく、聞き疲れしない という相反するようなファクターが共存してる音質に感動!






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。