自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAC9018S 6 3.3VをLED電源に置き換える
2012年03月02日 (金) | 編集 |
IMG_3418

今度は3.3VをLED電源に置き換えてみよう!

どれくらい変わるか? 愉しみだ!

デジアナ分離,1.2V分離 と いろいろ発展・展開させることはできるが、とりあえずこれで、ある程度音の方向性がわかるだろう

1.2Vはあまり流れていないので、指定どおりすでにブリーダー抵抗(330Ω 私は多めに250Ω使用)を付けている

LED電源であまり流れない、加えて、低電圧の場合、電圧調整がち~と手間取るので1.2VのLED電源は回避

とりあえず、最低限のデジアナ分離


3.3Vの入力部にコンデンサーをかました


IMG_3420

これで、良し!としよう!(苦笑)

電圧は、無負荷3.25V → 負荷後 3.08V

なんとか動作する

とりあえずこれで聴いてみる


IMG_3420

好ましいベクトルへシフト!


変化するが、±15VをLED電源化したときほどの感動はないなぁ・・・

PROSTさんによると、きちんと1.2VまでLED電源化すると、すごく良い方向へ変化するとのこと・・・




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。