自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAC9018S 5 ±15VをLED電源に置き換える
2012年02月25日 (土) | 編集 |
エージングはバッチリやった!

まず、±15VをLED電源に置き換えよう!

私は、経験上3端子レギュレーターの音は好きになれないので・・・

IMG_3412

LEDの電圧確認のため、全部赤(約2V)


さあ、どれくらいの電圧が出て来るか?

13.3V

ちょっと低いな!

IMG_3414

2個青に換えた

15.34V

うん、これでいいだろう!

2カ所換えると正確な判断ができないので、DAC部は同一の構成とする

IMG _3405

さあ、どう変化するか?


劇的に変化した!

実は、想像どおりの変化

あの印象的な中高域のコントラスト感

これは、3端子レギュレーター(LM317,LM337)によるクセ と推測してた


そのとおり 正解だ!

まろやかになり、音色がそろった!

私はこっちだな!

音は趣味の世界


あれだけ印象的だと、3端子の音にハマる人も出てくるだろうなぁ・・・


みなさん、今回の3端子の音は聴いてみる価値ありますよ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。