自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAC9018S 3 最初の電源はこれで動作確認だ!
2012年02月12日 (日) | 編集 |
IMG_3410

知ってたけど、「ES9018は64-LQFP」というパッケージでなんと、ピッチは0.5mm

SSOPの0.65mmピッチでさえ、きつかったし、つらい!

それを超える0.5mmピッチ

「たった、0.15mmの差だけど、この差はプレッシャー」

「音が出るかどうか?組み上げ時点で自信が持てない!」のに、さらに電圧,抵抗値の調整が必要なLED電源なんて本末転倒(?)かまってなんていられない!(苦笑)

「とにかく、動作確認が最優先!!」(苦笑)

IMG 3400

そこで、DAC1242のときに組んでおいた「LM317,LM337で±15V,5Vが出力できる電源基板」 これでいく!


抵抗値で電圧がロックされてるので、PTをつなげば「即、OK!」


これも、持ってて良かった!素早い動作確認には好適!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。