自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボリューム,アッテネーター,フェーダー 9 Simens 291 VSTD  active fader(アクティブ・フェーダー)
2011年12月31日 (土) | 編集 |
2011 最後の更新になります

今年も、私のブログをご覧いただきありがとうございました!

ご愛読感謝です!(ジョン・カビラ風に)

これからもできる限り更新していきたいと思います(いつやめるかわかりませんが・・・)


それでは・・・


ノイマン(neumann) 444sta でアクティブ・フェーダーは、決着と思って聴いていたら・・・

W291VSTD 3


“訳あり品”でもう1つのポピュラーなアクティブ・フェーダーで有名な「シーメンス(siemens) 291 VSTD」がオクに出てきた

「ハムが出る」ということで、ガッツリ安い

「経験上、ドイツ製でこういった “ケチな不良” はない」(運が良いだけかもしれませんが・・・)

W291VSTD 2

写真を見ると、「Tuchel 23 pin T 2701」コネクターを使わず、ダイレクトに配線を出してXLR(バランス伝送)してる

この状態で“ハムが出る”とのこと

はは~ん、な~んか大丈夫なんじゃないか・・・

W291VSTD 1


売り主には悪いが、きちんとアースをを落としてないんじゃないかな?

写真で全部は見えないけど、アースまわりの配線が足りない感じがする


きちんと配線してハムがのるならケミコンの容量ヌケしかないけど、なぜかドイツのケミコンなかなかヌケないんだよなぁ・・・

おそらくアースまわりの配線だけで、速攻解決しそう!

激安値段なので、ま、いってみよ~


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、カスラさん

えっ、私が入手したこのW291VSTDの先々代のオーナーの方でいらっしゃいますか?

すごいなあ、こういう方とコミュニケーションがとれるなんて・・・(感激です)

アドバイス感謝いたします!

ケミコン,タンタルの交換、しようと思います

こういったものを所有されてるカスラさんは、どういったシステムでお聴きになっていらっしゃいますか?
2012/01/14(Sat) 19:52 | URL  | LUCY #-[ 編集]
実は…
実はこのw291vstdの先々代の所有者です。Neumannより重厚で濃厚かつ繊細な出音のフェーダですが、是非とも青いソリッドタンタルをリキャップしてください。かなりリークが始まっています。お薦めは松尾のソリッド、予算があればスプラグ109D(湿式タンタル)金色のケミコン2200μは日本ケミコンのkY、47μと220μも湿式タンタルへ、電源は中古測定機の安定化電源(テクシオ/ケンウッド等)が安くて音質抜群です。
2012/01/13(Fri) 15:06 | URL  | カスラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。