自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボリューム,アッテネーター,フェーダー 7 Neumann 444sta active fader(アクティブ・フェーダー)
2011年12月24日 (土) | 編集 |
IMG_3337


期待しながら、音出し!

ほ~、なるほどね~! たいしたもんだ!

みなさんに、わかりやすく言えば、“ドイツのスピーカーと同じ”

色づけ,脚色なし,ノー・カラーレーション

「非常に正確に冷静に減らすことなく増幅してる」って感じ!

→ これって自分で創るとなると、すっごい難しいことだと思いませんか?

アメリカ系とは違うなぁ・・・

ホントキレイだ!“さすが、業務機クオリティーが違う!”って感じがする

どの製品にもそれなりのキャラクターがあるが、それがない感じ


ドイツのスピーカーも聴き比べれば、それなりに違いはあるけど、“JBLとアルテックの音の違い”、といった違いはない、と感じてる

このアクティブ・フェーダーもシーメンス(siemens),テレフンケン(telefunken),RFTなどいろいろあって、聴き比べればそれなりの違いはあると思うけど、「どれを聴いても“やっぱドイツ”って感じなんだろうなぁ・・・」と推断するっ!

→ これを聴いて機会があれば、他の機種も入手してみたい、と強く感じます!

回路,パーツを観ると、「入力トランス,出力トランス,ケミコンバッチリ信号ラインに入ってる」(苦笑)という、“思いっきり帯域狭めて、音離れの悪いダルい音”が出てくるしか、あり得ないパターンなんだが・・・
IMG_3358

四角いのと、丸いのが、それぞれ入・出力トランス

IMG3328

そう感じないんだなぁ・・・


スゴイ!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。