自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイフの形 シープフット,ドロップポイント ダマスカス
2011年10月29日 (土) | 編集 |
IMG_3289

なかなかステキなデザインのダマスカスのナイフがオークションに出てきた

リーズナブルなプライスでたまたま落札できた

IMG_3293

写真のように、刃が下を向いてるのを「シープフット」というが、一般的には「ドロップ・ポイントのキツイヤツ」といった感じか・・・

このブレード形状、一番好きな形!

IMG_3294

刃はギンギンに立ってないが、良く切れる

あ~、この形状が自分の使い方に合ってるんだ!

前に入手した、ダマスカスのナイフ


IMG_3292

気合いを入れて研ぎあげて、ギンギンに刃が立ってる

今回入手したものとは比較にならないくらいギンギンだ

でも、良く切れない、使いづらい

IMG_3290

私の場合、

IMG_3291


このようにポピュラーな刃の形状だと、切るときにどうも刃先が引っかからず、力が逃げてしまうせいかうまく切れない!


これに対し、シープフット系、ドロップポイント系だとしっかり刃先が引っかかって力を入れやすく、切りやすい!

人それぞれ使い方があると思うが、こっちの方がうまく使えるなぁ・・・


でも、シープフット系のブレード形状は人気がないっ!(笑)

“ぶっつりぶっ刺す”、といったおっかない使い方するなら、ポピュラーな形状は優れる(爆)

と思うけど、こんな使い方する機会はめったにないと思う!

私は、こっちの方が実戦的で使いやすいと思うんだけどなぁ・・・(笑)

特に魚をさばくなら、思いっきりこっちの方が速い!

でも入手したばかりのコイツは、魚をさばくなら、まだ刃先が甘いな! ギンギンに研いでみようっと!(笑)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
サバイバルナイフ関する情報。サバイバルナイフの入手法やサバイバルナイフと他のナイフとの違いなどを、初心者にも分かりやすく説明しています。   
2011/11/07(Mon) 07:26:38 |  サバイバルナイフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。