自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W124 AMG 300CE 3.4-4V スピーカーをリプレイス! 6 FOCALの音質
2011年10月22日 (土) | 編集 |
IMG_2564

せっかくなので、AMGに搭載する前にスピーカーボックスに入れて、ホーム・オーディオとして聴いてみた

なるほど、多くのメーカーにOEMとして供給してるだけのことはある

と実感した

ビックリした! こういう音質って作り出せるなんて・・・

カルチャー・ショック(死語?・爆)

具体的に言うと

これまで、多くのスピーカーを聴いてきた経験から、アルニコ,フェライトの聴き分けはできる

ま、そういう2つで聴き比べれば、

「FOCALはフェライト、ということはわかる」

でも、ブラインド・テストされたら・・・

調子悪いとアルニコ、と間違えてしてしまいそうな“うまさ”がある

1.フェライトらしい中低域の力強さ・力感を抑え、ナチュラルな帯域バランスでアルニコ的な音作りが見事!

2.アルニコ的に高域がキレイにフルレンジで伸びてる

この2点の仕上げはうまい!

かなり多くの人がアルニコと判断してしまうだろう!

「こういう音作り、帯域バランスをフェライトじゃできないんだ!」と判断してた・・・


→ できるなら、とっくに実現してる(みんな願ってる?)と思ってるので・・・


ふとしたきっかけで、ホームではなくカー・オーディ用として買ったFOCAL(フォーカル)のスピーカーで、こんな経験をするとは、思いもしなかった

ここまでうまく音作りがされてれば、いまとなっては高価なアルニコ・スピーカーを選ぶ必要ないかも?

とさえ感じてしまう人がいてもおかしくないなぁ・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック