自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W124 AMG 300CE 3.4-4V スピーカーをリプレイス! 5
2011年10月18日 (火) | 編集 |
そして、スピーカーをハズす・・・

IMG_2545

吸音材が思いっきり、入ってます!


これまた、バッチリ固着!

ダッシュボード変形するぜ~!って力を入れても、「独特の接着剤でとめた感じの固着ぶりっ」

前回の、ダッシュカバーの時も感じたが・・・

何かを外そうとするたび、この“固着ぶり”

萎える、うんざり・・・

バキッという音とともに、スピーカーはハズれた、でも壊れた音じゃないんだな・・・

反対側のスピーカーもハズして、ホッと一息

そして、用意してあるFOCAL(フォーカル)の13cmスピーカーをはめてみる

IMG_2545


口径はバッチリOK! やったね!


問題の奥行きの深さは?


IMG_2562

マグネットが大きく、微妙にダクトに干渉するが、ちょいと押しつければ問題ない


フロントスピーカーのリプレイスで最大の問題点は・・・


「固定方法」

このスピーカーの4角にフツ~のネジ止めでは、薄いダッシュボードにしっかり固定できないのは、誰でもわかる・・・



うまいこと、使われてるネジ穴に「とも締め」できることを期待してたが・・・


使わない2方向のフレームをぶった切った


はめてみると・・・

ガーン、想像どおり、穴の位置がズレてる、ダメ!


う~ん、“超本格的に”取り組まない限りムリかな・・・


それでもムリで、さらにもう一カ所ぶった切るハメに・・・


IMG_2563

イージーにやるには、万策尽きたか・・・と思ったが・・・
IMG_2564

FOCAL(フォーカル)のスピーカーを眺めてると


純正よりも、はるかに豪華なFOCAL(フォーカル)のスピーカーフレーム、上側にも飛び出しが多い


もしかすると・・・前回苦労してハズした「ダッシュカバー」で押さえが効くかもしれない
IMG_2566

やってみた

イケるっ!

とりあえずこの方法で、ダッシュ無加工のまま何とかなる

後は、聴いてみて 音がビビるどうか?


聴いてみた、通常の音量であれば大丈夫!


具合が悪くなるくらいの爆音だと、ちとビビるが・・・


でもこんな爆音は“使用限界を超えてる”ので、「これで良し!」

ちなみに、このウーハーの13cm、「想像どおり、“充分フルレンジ”」

ハイの伸びは13cmなので充分すぎる、できれば、16cm,20cmを入れたいくらい


とても、ツイーター足す気にならない、「足したら、思いっきりハイ上がり」になります


どうして、これにツイーターを足して2WAYにしてるんだろうか? 不思議に思う


これで、W124のスピーカーにFOCAL(フォーカル)入れる人出てくるだろうなぁ・・・(笑)




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック