自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W124 AMG 300CE 3.4-4V 理屈どおり死んだバッテリーは・・・
2011年09月09日 (金) | 編集 |
“死んだ”バッテリーが、セルを回せるくらい回復するか?

このバッテリーの回復を信じて、ACデルコ バッテリーチャージャー AD-0002を買ったわけじゃないし、仮にばっちりセルが回ったのせよ、信用して使い続けるほど脳天気じゃない!(笑)

充電器がないと困るから買っただけ!(笑)


IMG_2418


バッテリーは速攻で買う、キッチリ調べた!


IMG_2923 a

ホントは、オルタネーター+αの交換時にまとめて行うつもりだったが・・・

そうもいかないようだ・・・

使ってもニューバッテリー到着までの “つなぎ”


さて、“トリクル充電”が効くのは、“生きてる”バッテリーだけ・・・


極板が疲弊してボロボロの“死んだ”バッテリーは不可能


目視しよう! この際、キャップを開けて木材で極板をつついてみた(メンテナンス・フリーの高級バッテリーじゃない)

ボロっと崩れないし、まだ堅い、ダメはダメなり数回セルを回せるくらい復活するかな?

→ 期待してないが、興味深い!

試してみた!

IMG_2396

しっかりトリクル充電の説明どおり、時間をかけてやってみた(約1日)

おっ、セルが回る、ちょっとビックリ! それも、多少力強い回り方だ


信用してないので、車を動かさず2~3分エンジンを回した後停止、再度セルを回す

弱々しいが、セルが回りエンジン再始動

でもって翌日、想像どおり セル回りません


30分くらい充電すれば、1回だけセル回ります、2度目は不可能

→ 使いモノ になりません!!

結論、死んだバッテリーでも、多少は回復する その場しのぎは可能

だが、理屈どおり、使い続けることは不可能


→ こんなかったるいことするなら、ブースターケーブルつないでジャンプ・スタートして、「その場しのぎ」した方が手っ取り早いし、クレバー(爆)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。